魅力たっぷりエレガンス着物

高価買取が期待できる着物たち

着物買取の場における、奉公人、丁稚、元服などの言葉

日本語にはいろいろな言葉がありますが、そのなかには、和服などから生じたものも決して少なくはありません。 着物買取の場などにいると、知らず知らずのうちにそうした言葉の由来を学ぶことになることもあるのです。

そのなかでも、「お仕着せ」「肩身が狭い」「元服」などの言葉に触れてみましょう。

・お仕着せ 今日では「上からの一方的な押し付け」などの意味で使われるお仕着せという言葉は、多勢の武士が勤めるお城や、たくさんの奉公人が働く商家などに由来します。 この「お仕着せ」は、もともとは、お城や商家などで、下級役人、丁稚などの奉公人などに、主人に相当する人が仕事着として支給していた衣類のことを示す言葉だったのです。 このような衣類は季節ごとに新調されるのが常であったため、不要となったものは着物買取などのお世話になったことでしょう。 また、役人や丁稚だけでなく、看守が囚人に着せる囚人服も「お仕着せ」と呼ばれていました。 それが転じて、「有無を言わさずに上から与えられるもの」という意味になっていったのでしょう。

・肩身が狭い この言葉は和服に由来するものではないのですが、広く用いられている日本語のひとつです。 実際に人の身体が自在に伸びたり縮んだりするということではないのですが、「思わず見幅が狭くなってしまうくらいに申し訳ない」と感じることから、このような表現が生じました。 「空気が重い」などの表現も、「肩身が狭い」と同じような意味で使われますね。 着物買取も肩身が狭い? いいえ、決してそのようなことはありません。

・元服 現在でいう成人式のことで、この行事の原形はかなり古い時代から存在したようです。 とはいえ、この儀式は15歳前後になった男の子が、髪と衣類を大人のものに改めて烏帽子を授かるという、いわば男性のものでした。 同時代の少女は、裳着という、正式な唐衣裳をまとう儀式を成人の儀式としていました。 こうした儀式が男女ともに「元服」という言葉で示されるようになったのは、実は江戸時代に入ってからのことなのです。 現在、国内の神社では、成人式の日に希望者に古来の儀式を再現して行うところもあるようですが、そうした場で行われるのは、江戸時代以降のものを再現したものであることが多いようです。 現代は、このような儀式に使う衣装も、着物買取の世話になることが多いようですね。

日本に古くから伝わる言葉の意味を紐解くことは、着物買取の世界にあっても有利です。 これを機会に、日本語の新しい魅力に触れるのもまた一興とは思えませんか?

魅力たっぷりエレガンス着物
ブランド品
人間国宝品
有名染織作家品
伝統工芸作家品
高級呉服
着物買取の場における、奉公人、丁稚、元服などの言葉
エレガントで大人っぽさがでる髪に合う着物は着物買取に売れる
サイトマップ

Copyright©2013 魅力たっぷりエレガンス着物 All Rights Reserved.