魅力たっぷりエレガンス着物

高価買取が期待できる着物たち

高級呉服

高級呉服の中でも、本場結城紬は、茨城県、栃木県を主な生産地とする絹織物を言い、単に結城とも言われています。重要無形文化財であり、縞、絣を特色にした最高級品です。以前は堅くて丈夫な織物だったが、絣の糸が細くなってきたため、軽くて柔かくなっています。栃木県側では小山市から下野市付近までで、茨城県側では、結城市周辺が生産地の範囲になっています。元々この地方では、養蚕が盛んで、農閉期に副業として、紬が作られたのが始めとされています。

長年にわたり先人たちの工夫によって成長した結城紬は、昭和31年に国の重要無形文化財になり、昭和52年には、伝統的工芸品に指定されるようになりました。これは、幅、長さ、打ち込み数や、模様ずれなどの15項目の検査に合格して決まります。絣くくり、機織り、糸つむぎ、直接染色、撚糸作業、高機織りなどのいくつもの工程を経て、商品がやっと完成していきます。出来上がった紬は、袖を通すたびに、味わいが深まり、本場の手作りであることを感じされてくれます。

本場結城紬には、正しい商標が付いており、地機平織りなどと記された糸をつむぐ婦人像は、本場結城紬卸商協同組合の正しい登録商標となっています。高級呉服の中でも、本場加賀友禅は、国の指定伝統的工芸品で、江戸時代中期に加賀藩にて栄えた加賀卸国染を元に、京友禅の創始者と言われる宮崎友禅斎が、金沢の加賀藩御用紺屋棟取の太郎田屋に身を寄せて、加賀卸国染に確立した染色技法で行った作品を言います。

加賀五彩と呼ばれる色彩で、特に紅色、紫、緑色系統を多用します。柄は京友禅と比べて、草、花、鳥などの絵画調が多く、自然描写を重んじて虫食いなどの装飾も生まれ、ぼかしも京友禅より多用される傾向にあります。金沢市内を流れる浅野川では、最後の工程として、余分な糊や染料を流す友禅流しの様子が見られることがあります。加賀百万石の武家文化で生まれて、格調ある手書き加賀友禅が仕上がるまでは約10工程があり、図案のスケッチから下絵、糊置き、彩色、中埋め、地染、水洗などそれぞれが熟練した技術と経験を必要とします。

友禅作家や、各工程に携わるベテランの職人さんは、手仕事へのこだわりを持って作品を作り上げていきます。京友禅は、内側から外側にぼかしてあるのが特徴であるのと反対に、加賀友禅は、外側から内側に向かってぼかしてあるのが一般的な特徴で、落ち着きのある写実的な草花模様を中心とした絵画模様の柄になっています。

魅力たっぷりエレガンス着物
ブランド品
人間国宝品
有名染織作家品
伝統工芸作家品
高級呉服
着物買取の場における、奉公人、丁稚、元服などの言葉
エレガントで大人っぽさがでる髪に合う着物は着物買取に売れる
サイトマップ

Copyright©2013 魅力たっぷりエレガンス着物 All Rights Reserved.