魅力たっぷりエレガンス着物

高価買取が期待できる着物たち

伝統工芸作家品

経済産業大臣指定伝統的工芸品とは、経済産業大臣によって指定された日本の伝統工芸品です。要件としては、工芸品であり日常的に使用するもので、伝統的に使用されている原材料を使って、おおむね手作業で伝統的な作り方で作ったものが、伝統的工芸品と呼ばれ、一定の地域で伝統的に作られてきたものです。伝統的と認められるのは、100年以上の歴史を持っていて、今でも続いているというのが基準で、京都は日本で一番指定品目が多くなっています。着物関係の伝統工芸作家品もたくさん販売されていて、伝統の着物柄デザインを受け継いでいます。

着物は、一般的には絹織物で作られており、反物として流通されます。シンプルな素材で、反物という形が決まっているので、着物の命は「色」と「柄」といっても過言ではありません。着物柄デザインが着物の重要な要素となっています。着物や帯は、色や柄で売れるか売れないかが決まります。伝統工芸作家品は、伝統的な製法で、過去の伝統を守りつつ、売れる作品を世に出すための努力を日々続けています。着物の作品は、ほとんどがそれぞれ分業で行われています。インターネットなどで検索すると、いろいろな作品を見ることができます。着物を作るには、まず図案の作成から始まります。

着物柄デザインの伝統工芸作家がデザインした図案を、白い生地に描いていきます。露草の花からとった青い液で模様を書き、下書きを完成させます。次に、生地の下書きに沿って、糊を輪郭に沿って置いていきます。糊置きには、糊を置く技術と絵の知識とが必要で、美しく表現するための力加減が大切です。次に地入れという、豆汁を生地にひく作業があり、乾燥させたあと彩色を行います。一筆づつ丁寧に色を塗り、色を重ねたりぼかしたりと濃淡をつけていきます。蒸し器で蒸して、染料を定着させた後、糊を流水で洗い流し、湯のしをしたあと、刺繍や金銀の飾りをつけて仕上げます。

他にも、いろいろな伝統的な染め方や、生地の織り方があり、それぞれが特徴を持っています。着物の柄をデザインする人は、年々減少しており、最低でも10年かかるといわれる後継者を育てることが急務となっています。日本の着物というすばらしい伝統を続けていくためにも、デザイナーの育成が重要です。伝統のデザインには、御所車や鳳凰・花車に鶴亀などいろいろな模様があります。それぞれに意味があり、桜や梅など日本人が昔から大切にしてきた文化が表現されています。

魅力たっぷりエレガンス着物
ブランド品
人間国宝品
有名染織作家品
伝統工芸作家品
高級呉服
着物買取の場における、奉公人、丁稚、元服などの言葉
エレガントで大人っぽさがでる髪に合う着物は着物買取に売れる
サイトマップ

Copyright©2013 魅力たっぷりエレガンス着物 All Rights Reserved.